Powered by Six Apart

フォトアルバム

TBC Feed

2015年10月26日 (月)

2015年 TBCスキルアップミーティング岸釣り大会第6戦

2015年 TBCスキルアップミーティング岸釣り大会第6戦 秋の大江川 & 周辺野池

9月13日 ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。 結果をレポートします。

スキルアップ 課題共通ルアーは大江でも過去に実績のあったゲーリーカットテールです。 好みのカラーを受け取り、選手はスタートしてゆきました!

8月の真夏の大会から1か月が過ぎ、すっかり秋らしくなりました。 このところ岐阜県大江は約1週間の長雨と台風の影響で大量の水が入れ替わりました。 水温もぐっと下がってバスにとっても適温の24℃前後で安定しています。

朝イチならば岸際やウイード際で勝負が早かったパターンが今週は崩れました。 ウイード際をノーシンカーリグ、ライトテキサス、ジカリグで好調であったエリアが ダメになり、沖目に点在するウイード、岸から離れたブレイクへ魚が移動しました。 大半の選手が苦戦する中、ヨット池での沖のウイード狙いにシフトした大矢 透さんは 低重心でスリ抜け、ステイ中に動きがナチュラルになるビーフリーテキサスでの 大きめのストレートワームでキロアップを連続キャッチされました。

大江へ通う常連メンバーは大会の時間帯ごとにエリアとリグのパターンを持っており、 プラクティスで絞り込み、当日の競技時間中に展開してゆきます。 経験上で朝イチと日中への時間、陽差し、温度上昇、風により回遊、接岸、エサ取り場を 良く知っているのですが、ローライトでありながら大半のバスが沖にポジションを移動し 秋モードになっていた様です。

大江本流も中江川も野池も水量が増え、水質も良好で、スピナーベイト、バイブレーションで 良型が釣れるシーンもあり、秋そのもの。

曇り空+風の状況下で、手堅くライトリグでキーパー狙いに時間をかけた選手が不発に終わり、 広範囲に大きめのシルエットのルアーを投入し、丁寧に動かしていった選手が良い釣果を 出されています!丁寧に動かす、接する事が重要と見ていて感じました。 通っているメンバーがいつも勝つとは限りません。経験と直感力でゲーム展開した選手の 充実した顔が印象的な大会となりました。

先週の台風直後までは良く釣れたのに今週は釣れなかったと感じた人は多かったと思います。 雰囲気が良いがバイトが出ないと悩み、迷う時間が続きます。ポジティブに次の釣法に移れるかどうか。

ライトリグをやり通した選手も、良型キャッチを成功した選手も同じ時間を過ごし、 大会を通じて答え合わせ、良い経験になったと思います。(参加された皆さんがスキルアップミーティングでの顔付き、 次の練習へ目覚めた表情を強く感じました。)

出かけよう!秋の大江フィールドへ!

当日の結果は以下の通り。

競技時間 7:00~12:00  天候 曇りのち晴れ 水温:24℃ 参加人数 30名 ウエイイン 11名 検量魚 16尾 (課題ルアーでのウエイイン該当者:4名) (ハードルアーでのウエイイン該当者:3名)

協賛:ルアーショップ おおの  

<名前>  ウエイト  時刻    <場所>     <ルアー>   

加藤久晴   530g   7:00    ヨット池    コブラテール4.8""ネコリグ(モエビブルー)

菱田正勝   630g   7:05    大江川万寿  マイクロクローラーDS(グリパン)

菱田正勝   250g   7:30    大江川万寿  カットテール4"DS(グリパン)

美澤 功   410g   7:30    ヨット池    ベビーブラッシュホグTX(グリパン)

杉浦一幸   200g   7:40    牛池        BBマスタング(クロキン)

水野和利   560g   8:08    大江川石亀  センコー2"NS(Wメロン)

大矢  透  1260g   8:10    ヨット池    フリックシェイク5.8"ビーフリーテキサス(コーラ)

築山晃幸   250g   8:20    中江川      レインズスワンプネコリグ(ギルッパノン)

大矢  透  1120g   8:40    ヨット池    フリックシェイク5.8"ビーフリーテキサス(コーラ)

宮崎隆弘   710g   9:15    牛池        TN SLIMS (ハス)

伊東憲司   410g   9:30    ヨット池    カットテール4"NS(グリパンレッドフレーク)

築山晃幸  1220g  10:15    中江川      Dゾーン 3/8OZ (ホワイト)

水野利哉   180g  10:15    大江川合流  センコー2"NS(Wメロン)

水野和利   240g  10:28    大江川合流  カットテール4"ネールリグ(グリパンレッドフレーク)

美澤 功  1180g  10:30    ヨット池    ベビーブラッシュホグTX(グリパン)

加藤幸二   220g  11:25    大江川万寿  カットテール4"スプリットリグ(プラム)

<上位入賞者のタックル>

1位 大矢 透    2380g(1260+1120) ロッド:レジットデザインWSC-610MH リール:メタニウムMg7 ライン:フロロマイスター 12LB ルアー:フリックシェイク5.8"ビーフリーテキサス(コーラ)

8400634

2位  美澤 功   1590g(410+1180) ロッド:ベルズSP 66H リール:ダイワTDX103L ライン:東レ ナイロン20LB ルアー:ベビーブラッシュホグTX(グリパン)

10300646

 

3位 築山晃幸   1470g(250+1220) ロッド:ラグゼAT505 S61UL リール:14ステラ ライン:フロロ 5LB ルアー:レインズスワンプネコリグ(ギルッパノン) 

ロッド:ラグゼオルトレ B67M リール:レボエリートKTF ライン:フロロ12LB ルアー:Dゾーン 3/8OZ (ホワイト)

10150644

大会会場のヨット池でキッカーフィッシュをキャッチされた上位2名の大矢さん、美澤さんに 実際に釣られたフィールドのウイード、ブレイクのエリアを題材に実演いただきました。 キャストからフォール、アクション、ステイ、糸、ロッドさばきの一連と 岸から沖のラインへの狙うキャストコースまで、レクチャーいただきました。

参加者は、とても良い勉強で、良い刺激になりました。 ありがとうございました。

良いスキルアップミーティングになりました。

参加の皆さん、おつかれ様でした。

フィールドのゴミ拾いに協力いただき、ありがとうございました。

東海バスクラブ 平野 正  

7000622

7050626

7400624

8080630

9150636

9300641

10150637

10280645

11250650_1

Photo

 

 

 

2015年8月30日 (日)

2015年 TBCスキルアップミーティング & バス釣り大会第5戦

Photo_3

  8月9日(日) ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。 結果をレポート致します。 

猛暑・酷暑と呼ばれる日が続いているこの頃、大江本流や周辺野池では浮きゴミやアオコによる水質悪化が懸念される状態であったと思われます。

前夜に少しながら降った雨と風の影響はどの様に表れるのか?といった所が個人的に気掛かりでした。開始前の水温は、27℃前後で無風。ジメッとしつつ、これからの気温上昇を想像させる朝です。

 夏の最盛期を迎えた今大会の課題ルアーは、クリンクルカッツです。

跳ねジグヘッドのパターンを繰り出す選手が居るかも知れないと思い、選定しました。

 最初のウエイインは山本 明弘さん。前川池のアシ際をジークローラーのネコリグにて開始早々に520gをキャッチ!

濁りが少ないエリアを選び、活性の高いバスをキャッチです。

この一匹を皮切りに検量依頼コールが殺到し始めました。

5分と経たず、検量中にもひっきりなしに入電する状態になりました。 

7時を過ぎ、陽射しもグングン強くなる中、ヨット池から徳永さんが1040gをキャッチ!

課題ルアーを自分流にアレンジしたネイルリグでの一匹です。

8時50分には奥本 直也さんが1660gの良型をキャッチ!

前日までのプラで見つけていた、ウィードを上手く使いバス誘き出すパターンが成立した様で、その後もキーパーをキャッチしておりました。

更に陽射しは強まり、風の無い厳しい天候の中ですが、まだまだ各エリアからの入電は途絶えません。

9時に中江川上流部の菱田 正勝さんが1520gの良型をキャッチ!

回遊するルートを読み取り、スモラバにて技ありの一匹でした。

9時53分に加藤 久晴さんが中江川中流域で1230gの良型をキャッチ!

得意のコブラテールで少ないシェードを細かく狙い撃ち、粘りの一匹でした。

 

陽射しが増すほどに魚・選手への心身共にプレッシャーが掛かります。

それに耐え抜き、魚の動向を読んだ選手がキロアップを手にしていたのが印象的でした。

 終了間際の10時40分、木村 忠史さんがヨット池で2280gなるスーパービッグをキャッチ!

「奇跡の一撃」に相応しい、4インチセンコーでスローにウィードを攻略した魚で、会場がどよめく一幕も。

この5分後に奥本 貴志さんが1020gの良型をキャッチ!

直リグでのウィード攻略でした。

この両選手は朝から何度も悔しい思いをされており、最後まで諦めない姿勢を貫いた粘りの良型でした。

 

 今回、キーパーである25cmから、なかなかサイズアップせず苦しめられた選手が多かったと思います。

奥本 直也さんは2位の徳永さんと20g差の僅差で勝利し、地道な練習を重ねて自分のパターンを作り、粘り得た初優勝となりました。その他の選手も時間を作り、練習をされています。改めて積み重ねの大切さを教えられた今大会でした。

 

暑い日が続きますが、体調管理は勿論、近隣住民の皆さんの御迷惑とならぬ様、気をつけてフィールドへ出掛けましょう! 

大会参加者の皆様、お疲れ様でした。 

東海バスクラブ 富澤 貴浩

 

当日の結果は以下の通り。

競技時間 6:00~11:00  天候 曇りのち晴れ

参加人数 25名 ウエイン 16名 検量魚 34尾

リミットメイク 6名   課題ルアー達成者 2名

 

優勝 :奥本直也 2340g(330+1660+350)

2位 :徳永修 2320g(1040+440+840)

3位 :木村忠史 2280g

4位 :菱田正勝 2010g(280+210+1520)

5位 :大矢透 1530g(320+420+790)

6位 :加藤久晴 1490g(260+1230)

7位 :山本明弘 1400g(520+880)

8位 :大橋勇年 1280g(220+750+310)

9位 :奥本貴志 1020g

10位 :宮崎 870g(400+470)

11位 :玉城 740g(410+330)

12位 :脇田信幸 680g(230+240+210)

13位 :池田拓臣 650g(410+240)

14位 :水野利哉 460g(230+230)

15位 :有馬 260g

16位 :Tyson水野 210g 

<時刻> <名前> <ウエイト> <場所>        <ルアー>   

 6:10 山本明弘   520g   前川池      ジークローラー5.5 ネコリグ

 6:10 菱田正勝  280g  万寿  マイクロクローラー4インチ DS

 6:15 奥本直也   330g  ヨット池  レインズスワンプ LTX 

 6:15 池田拓臣   410g  前川池   ドライブクローラー4.5インチ ネコリグ

 6:20 大橋勇年  220g 東大江 マイクロクローラー4インチ DS 

 6:30 脇田信幸   230g   西大江  レインズスワンプ NS

 6:40 脇田信幸   240g   西大江   レインズスワンプ NS

 6:40 宮崎   400g  ヨット池  TNスリム8

 6:50 脇田信幸   210g   西大江   レインズスワンプ NS

 6:50 大矢透     320g  ヨット池 ウィップクローラー5.5 TX

 6:50 菱田正勝   210g   中江川   クリンクルカッツ(課題)

7:00池田拓臣 240g   前川池    ドライブクローラー4.5インチ

 7:00 徳永修     440g ヨット池 クリンクルカッツ(課題)

 7:10 大矢透   420g ヨット池 ウィップクローラー5.5 TX

 7:30 徳永修   1040g ヨット池 スワンプクローラー  TX

 7:45 山本明弘  880g  前川池  ウィップクローラー5.5インチ ネコリグ

 8:10 大矢透     790g  ヨット池   イモ50 NS

 8:22 加藤久晴  260g 東大江  コブラテール4.8インチ ネコリグ

 8:35 Tyson水野  210g 石亀  2インチセンコー NS

 8:50 奥本直也  1660g ヨット池  レインズスワンプ LTX

 9:00 玉城  410g 前川池  Cテール4インチ TX

 9:00 有馬   260g  ヨット池  カットテール4インチ NS

 9:00 菱田正勝  1520g 中江川  スモラバ

 9:28 水野利哉  230g 中江川  カットテール4インチ NS

 9:30 大橋勇年  750g ヨット池 アンクルゴビー2.5インチ DS

 9:30 奥本直也   350g  ヨット池  レインズスワンプ  LTX

 9:46 水野利哉   230g  中江川     カットテール4インチ NS

 9:53  加藤久晴  1230g 中江川    コブラテール4.8インチ ネコリグ

 10:00 徳永修    840g  ヨット池  レインズスワンプ  TX

 10:20 大橋勇年  310g  ヨット池  フラッシュJ1インチ  DS

 10:29 玉城   330g  前川池  Cテール4インチ TX

 10:40 木村忠史  2280g  ヨット池  4インチセンコー NS

 10:45 奥本貴志  1020g  ヨット池  レインズスワンプ 直リグ

 10:50 宮崎    470g  ヨット池 スモラバ

   

<上位入賞者のタックル>

 

1位 奥本 直也

ロッド:fenwick ELITE 63M

リール:メタニウムMG7

ライン:下野流 12lb

ルアー:レインズスワンプ LTX 

Photo

2位 徳永 修

ロッド:fenwick GWT60CLJ

リール:アルデバランBFS

ライン:フロロ 6lb 

ルアー:クリンクルカッツ 1/2カット(ネイルリグ) 

ロッド:キスラーKLX63M

リール:アルデバランBFS

ライン:フロロ 8lb

ルアー:レインズスワンプ LTX

Photo_2

 3位 木村 忠史

ロッド:OLTRE B69MH

リール:メタニウムDCXG

ライン:R18 16lb

ルアー:4インチセンコー NS

Photo_4

10

15

20

30

40

50

22

35

00_2

00_3

Photo_5

45

50_2

 

2015年7月20日 (月)

2015年 TBCスキルアップミーティング岸釣り大会第4戦

夏の大江川 & 周辺野池

 7月12日 ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。 結果をレポートします。 岐阜県 大江川フィールドは先週まで涼しい梅雨の気候が続いていましたが、大会前日から気温が30℃を 超える夏日になりました。

 大会スタートの時点では風が無く、蒸し暑い時間帯からのゲーム開始です。 この日の課題ルアーはリトルイングリー(シルバーコパーラメ)です。同じ時間の同じフィールドで共通の ルアーを試みます。 選手は狙いのエリアへ出発してゆきました。 大江川本流は水量が多く、良質のウイードが点在。川に比べ野池はアオコが増殖しており アオコが表層を風と流れで漂っています。見かけはアオコで水質が悪く見えるが、沖側にゆくにつれ良質の 成長したウイードがあり、水温も安定している。

 大会開始直後は朝陽による東岸にできるシェード狙い、ウイードに付くバスの反応が良く小型サイズの キャッチが見られた。 東大江本流の護岸にできるシェード部分をタイトに攻めた鳥居真好さんが1300gの良型をキャッチ成功! 日曜日の大江フィールドはすでに朝イチからアングラーが入っており、ラッシュは起こらず、 その後は沈黙が続きます。 そんな中、牛池では木村忠史さんがハードルアーでの沖の攻めを続けていました。 岸際からブレイクをライトリグで狙っているアングラーには反応が無く、 大きめのサスペンドミノーを沖へ遠投して浮いている大型のバスを狙う作戦が的中しました! ヴァルナ110SPを沖でジャークする木村さんだけが連続ヒットしています!しかもサイズが大きく良型ばかり。 流れの発生しない野池の沖へ、この夏の時期にハードルアーを投入するパターンは誰もが予想していないし、 準備もしていません。 沖を回遊するワタカや中層を泳ぐブルーギルの群れが沖に浮く大型バスの捕食パターンになっていた様です。 牛池に通い続ける木村さんは3月からこの釣法で釣果を出し続けており、やり通す自身と精神力がありました。 後半は水深のあるヨット池のウイードエリアでの釣果が良くなってきました。 良質なウイードは酸素を出し、水温を適度にクールダウンする効果がある様で、10時から11時の後半に 連続キャッチが見られます。(フィールドを良く知るベテランは湧き水の効果、エリアも知っています。) 残り時間が少なくなった頃に徳永 修さんがこの日の最大魚を含む良型2尾の連続キャッチが印象的でした。

真夏はシェード狙いか流れ込み狙いがセオリーと思いがちですが、今大会では予想がはずれ、ライトリグ合戦が 不発に終わり、野池を広範囲に攻めた選手の経験値に違いが出た様に思います。

非常に暑い中での集中したゲームでしたが、優勝者インタビューのウイニングパターンを聞いた選手の表情は 次の作戦、練習メニューにスイッチが入っていました。

出かけよう!夏のフィールドへ!

当日の結果は以下の通り。 競技時間 6:30~11:30  天候 曇りのち雨 水温:25℃ 参加人数 33名 ウエイイン 13名 検量魚 20尾 (課題ルアーでのウエイイン該当者:1名)

協賛:ルアーショップ おおの  

<名前>  ウエイト  時刻    <場所>     <ルアー>   

伊東憲司   330g   6:35    ヨット池    カットテール5"ネコリグ(レッド)

平野 正   330g   6:45    ヨット池    センコー3"(グリパン)

鳥居真好  1300g   7:45    東大江川    アンクルゴビー3"DS(ライトグリーンパンプキン)

大矢  透   620g   8:05    ヨット池    ベビーファットイカ(グリパン)

木村忠史   410g   8:05    牛池        ヴァルナ110SP(稚ギル)

木村忠史   590g   8:10    牛池        ヴァルナ110SP(稚ギル)

奥本直也   190g   8:20    牛池        レインズGテールサターン2.5"DS(スカッパノン)

木村忠史  1230g   9:10    牛池        ヴァルナ110SP(稚ギル)

加藤幸二   530g   9:30    前川池      マイクロクローラーDS(コーラ)

池田拓臣   220g   9:35    牛池        ドライブクローラー4.5"ネコリグ(モエビ)

山下 純   970g   9:50    中江水路    フィネスフロッグ(トノサマガエル)

加藤幸二   440g  10:00    前川池      マイクロクローラーDS(コーラ)

大橋勇年   220g  10:25    ヨット池    マイクロクローラーDS(コーラ)

加藤久晴   440g  10:28    中江川     コブラテール4.8"ネコリグ(グリパンチャート)

美澤 功   460g  10:30    ヨット池    シャッドシェイプNS(グリパン)

加藤幸二   470g  10:30    前川池      リトルイングリーDS(シルバーコパーラメ)

大矢 透   300g  10:40    ヨット池    ベビーファットイカNS(グリパン)

木村忠史  1350g  10:40    牛池        ジャコビーJH3.5g(テールズオブギル)

徳永 修  1800g  10:45    ヨット池    イモ50NS(グリパン)

徳永 修  1120g  11:20    ヨット池    ZBCスワンプTX(スカッパノン)

<上位入賞者のタックル>

1位 木村忠史    3170g(1230+1350+590) (+410) 4尾ウエイイン ロッド:ATS05B64MH リール:コンクエストDC ライン:シーガーR18 14LB ルアー:ヴァルナ110SP(稚ギル)         ロッド:ATS05S70MH リール:ステラ3000 ライン:アバニエギング0.8号+リーダー12LB ルアー:ジャコビーJH3.5g(テールズオブギル)

8100593

2位  徳永 修   2930g(1800+1120) ロッド:スパーテクナ610CLJ リール:アルデバランBFS ライン:フロロ10LB ルアー:イモ50NS(グリパン)

ロッド:キスラーKLX63M リール:アルデバランBFS ライン:フロロ8LB ルアー:ZBCスワンプTX(スカッパノン)

10450625_3

3位 加藤幸二   1440g(530+440+470) ロッド:カレイドデジーノS-1 リール:ステラ2000FW ライン:シーガーフロロマイスター 8LB ルアー:マイクロクローラーDS(コーラ)         リトルイングリーDS(シルバーコパーラメ)

10000632

ハードルアーで見事に優勝された木村忠史さんにヴァルナ110SPの ジャーキングのキモを参加者の皆さんにレクチャーいただきました。 実際にキャストからジャーキングアクション、ポーズ、狙い方の一連をフィールドで実演いただきました。 夏の野池フィールドでも大きいシルエットのサスペンドミノーのジャーク&ストップがウイニングパターンで 驚きでした! PEラインをセットしたMHパワーのスピニングでのジャコビーJHのシャクリアクションも新鮮でした。 木村さん、とても良い勉強でメンバーは良い刺激になりました。 ありがとうございました。

6350586

6450584

7450587

850590

8200591

9350597

500620

10250621

10280622

10300634

0582

良いスキルアップミーティングになりました。

参加の皆さん、おつかれ様でした。

東海バスクラブ 平野 正  

2015年6月21日 (日)

2015年 TBCスキルアップミーティング & バス釣り大会第3戦

Photo_12

  6月14日(日) ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。 結果をレポート致します。。 朝から蒸し暑い、梅雨時期らしい天気となりました。 前に降った雨と周辺の田畑の影響か、大江本流・周辺野池では濁りが目立った様に思えました。 開始前の水温は、25.5℃で無風。表層炸裂も各選手が期待していた所でしょう。

アフター回復が見込まれる今大会の課題ルアーは、クリケットという虫型ワームです。 バスが先か?ギルが先か?という駆け引きも盛り込んでみました。

最初のウエイインは加藤久晴さん。ヨット池の岸際、アシ際をコブラテールのネコリグにて開始早々にキャッチ! 濁りが少ないエリアを選び、活性の高いバスを狙ってのキャッチです。 他の選手からコールはあるものの、子バスの方が元気な様です。

7時30分を過ぎた頃、南から爽やかな風が吹き出し、釣れそうな雰囲気がグッと増しました。

そのタイミングを上手く掴んだのか、7時40分に石橋 隆弘さんが4インチグラブのDSで1150g、 大矢 透さんが得意のベビーファットイカにて1530gの良型を同時刻キャッチ! 牛池では木村 忠史さんがヴァルナSPで1200gの良型キャッチ!

風向きや、当たる面等、この約30分程の時間にアジャストした選手が良型(800~キロアップ)を手にしている様子が印象的でした。

その後風は止まず、更に濁りが増し、魚は沈み、沈黙傾向へ。 そんな中、安田 正次さんが、牛池にて本日2本目となる1180gをキャッチ! 中江川の排水によるカレントを上手く使い粘り強い追加フィッシュ。

全体的に渋く、一時的なものかもですがアフター回復とは言えない状態の今大会。 スローに柔らかく優しいアプローチを心掛けた選手が吉と出た結果でした。

大会終了後はルアーや景品のじゃんけん大会で盛り上がりました。

検量していて気になったのですが、魚影も目立つ様になってきておりますが、ゴミもまた目立ってます。 これからハイシーズン。人が増えればゴミも増えます。 釣り場がなくならない様、皆で努力していきましょう。

大会参加者の皆様、お疲れ様でした。

東海バスクラブ 富澤 貴浩

当日の結果は以下の通り。

競技時間 6:30~11:30  天候 曇り 参加人数 31名 ウエイン 14名 検量魚 20尾

優勝 :大矢透 2430g(1530+900)

2位 :安田正次 2070g(1180+890)

3位 :菱田正勝 1610g(920+690)

4位 :加藤久晴 1310g(740+570)

5位 :池田拓臣 1240g(780+460)

6位 :木村忠史 1200g

7位 :石橋隆弘 1150g

8位 :徳永修 1140g(690+450)

9位 :美澤功 1100g

10位 :水野利哉 950g

11位 :伊東憲司 830g

12位 :築山晃幸 810g 13位 :杉浦一幸 650g

14位 :吉原宏明 390g

<時刻> <名前> <ウエイト> <場所>        <ルアー>     

6:35 加藤久晴   570g   ヨット池      コブラテール4.8インチ ネコリグ  

6:50 徳永修    450g   ヨット池      イモグラブ50 NS  

6:50 杉浦一幸   650g   ヨット池     マイクロクローラー DS  

7:00 美澤功  1100g ヨット池   ゲーリーSグラブ4インチ SP   

7:00 菱田正勝  690g   牛池      スモラバ+課題ルアー  

7:38 築山晃幸   810g   ヨット池     ヤマセンコー2インチ NS  

7:40 石橋隆弘  1150g   ヨット池       ゲーリーSグラブ4インチ DS  

7:40 大矢透   1530g   ヨット池  ベビーファットイカ NS  

7:55 水野利哉  950g   前川     センコー2インチ NS  

7:55 木村忠史  1200g   牛池      ヴァルナSP  

8:13 安田正次 890g  牛池  ジャンボチガークロー ゼロダン1/2oz  

8:15 徳永修  690g  ヨット池  イモグラブ50  9:00 吉原宏明 390g  ヨット池  リーフシュリンプ2.8インチ DS  

9:20 安田正次 1180g  牛池  デスアダー3インチ NS

 9:30 池田拓臣 460g ヨット池  ドライブクローラー4.5インチ NS  

9:40 大矢透  900g ヨット池  ベビーファットイカ NS

 9:40 池田拓臣 780g ヨット池  ドライブクローラー4.5インチ NS  

9:55 加藤久晴 740g ヨット池  ドライブスティック NS  

10:00 菱田正勝 920g 石亀    カットテール4インチ ネコリグ

 10:00 伊東憲司 830g ヨット池  カットテール4インチ ネコリグ        

<上位入賞者のタックル>

1位 大矢 透 ロッド:テクナGP 63MH リール:メタニウムHG ライン:フロロ 10lb ルアー:ベビーファットイカ NS グリパン

2

2位 安田 正次 ロッド:スーパーボーダー リール:ビッグシューターコンパクト ライン:バニッシュレボリューション 20lb  ルアー:ジャンボチガークロー 1/2ozゼロダン

ロッド:ブームスラング リール:コンプレックス ライン:スーパーFCスナイパー 5lb ルアー:デスアダー3インチ NS

2_2

3位 菱田 正勝 ロッド:テクナミドストスペシャル リール:ステラ2500 ライン:おおのナイロン1.5号 ルアー:スモラバ+課題ルアー

ロッド:エアリアルHP リール:イグニス ライン:4lb ルアー:カットテール4インチ ネコリグ

2_3

2_4

2_5

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8 

Photo_9

Photo_10

Photo_11

Photo_13

2015年6月14日 (日)

2015年 TBCスキルアップミーティング岸釣り大会第2戦 新緑の大江川 & 周辺野池

2015年 TBCスキルアップミーティング岸釣り大会第2戦 新緑の大江川 & 周辺野池

5月17日 ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。 結果をレポートします。

岐阜県大江川周辺エリアは、スポーニングも終盤を迎えアフターの回復へ向かう段階で、目の前のスローな物にしか反応しない魚や、いち早く回復して表層を意識したり 横の動きに反応する魚も出てきています。 ブルーギルもスポーニングを向かえ浅いエリアで目にするようになりました。

5月に入り好釣果も聞かれましたが台風の通過や、大会前日に雨が降り、魚の状態がどうなっているか気になりながらのスタートとなりました。 朝は少し冷え込みましたが、晴天で北の風が程よく吹いています。

本日のお題ルアーは富澤さんから提供していただいた、ワッキーワームです。ウエイインできればポイントが5点追加されます。 (大会前にそのまま使うか、切って使うか、結んで使うかで盛り上がりました。) 開始早々、コールが入ります。ヨット池集合場所付近からハードルアーでのウエイイン。今日は活性が高いのではと期待します。 その後、期待は現実となり次々にウエイインコールが入ります。 ほど良い風がプラスに動いたのか岸よりのポイントでの好釣果が続きます。サイズも良型がウエイインされ大会が盛り上がります。

検量係の富澤さんも忙しい中竿を出し、わずか3投で良型を仕留め盛り上げる一幕もありました。 着々と強くなる北風にどう対応するかがカギの様です。一見巻物など早い釣りが効きそうな風でしたが、そこは百戦錬磨のメンバーたちはうまく風を利用して ノーシンカーワームなどライトリグでの釣りを展開して釣果を出していきます。 コールは、日が昇ってからもコンスタントに続き検量係は、フル稼働です。

コールエリアは、前回大会同様、野池からが目立ちますが大江本流、中江川でも入ってくるようになりました。 大会が進み気温も、25℃以上となりましたが終了間際にも良型がウエイインされ白熱した戦いとなりました。 結果、水野親子が風下に立ち風上から来る餌を待ち受けるイメージで見事、1・2フィニッシュ! 逆に、風裏に立ち回復を待つ魚にうまくタイミングを合わせた、吉原さんが3位と 印象に残る良いミーティングとなりました。

出かけよう!新緑のフィールドへ!

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

2015年5月 9日 (土)

2015年 TBCスキルアップミーティング岸釣り大会第1戦

春の大江川 & 周辺野池

4月19日 ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。 結果をレポートします。 岐阜県 大江川フィールドは桜の若葉、アシの新芽が出る季節で、周辺の水田では田植えの真っ最中です。 水田につながっている水路から野池には濁り水が流れ込み、水質がクリアーなエリアと完全に濁ったエリア、 混ざり合う中間の水色の3タイプに分かれていました。 晴天で暖かな日は岸近くにペアリングのバスが見られる季節です。 大会当日は曇り空でのスタートです。

同じフィールドで同じ競技時間の中で共通ルアーを使うテーマ 課題ワームは"スキーターフィッシュ"のクリアーカラーで挑みます!

受付、ミーティングを済ませ、選手は朝イチフィールドに向かいます! 開始早々に集合会場前のヨット池から続々と良型ヒットが見られます!! ヒットするエリアは岸から離れた沖目。朝イチに狙って投入したストラクチャーではなかった。 スタート直後は常連メンバーの爆発力が見られなかった。

---今年のフィールドは何か違う--- 毎年4月大会はJHミドストでの中層シャロー狙いが定番ですが、今年は気候の変化が激しく、 最近の暖かさで、やっと小魚や小型ブルーギルが浅いアシ原近くで見られる様になりました。 フィールドの傾向として初春のヘラ釣り人が激減した。ヘラ釣りの撒き餌が少なく水質はドクリアーをキープ。 撒き餌が少ないと小魚やエビの寄りも少ない感あり。 水質がクリアーであると岸辺に立つバスアングラーの人的プレッシャーからベイトフィッシュやバスも 岸から少し離れた場所にポジションをとっている。

4月に入り、気温、水温は十分に上昇したが釣果がパッとせず、特に暖かな夕方や翌日に大漁釣果がでる訳でもなく 毎週プラクティスに入る選手も決定打が見えないまま大会当日をむかえた。 前日は各所でペアリングのバスがおり、選手はそのエリアを避けた。

そして当日は天候と風が変わった。

暖かな1週間から低気圧接近の雨へと崩れ、体感温度は寒く感じたが水中では積極的に口を使うタイプの 魚が沖からファーストブレイクに接近してきていた! 水田からの濁り水が多く流入した牛池では大矢さんが後半にパターンを見極めジャイロスターのJHミドストの波動作戦が的中し、 短時間に3尾リミット達成! クリアー水域のヨット池では前日までスポーン一色だったシャローエリアの一段沖側にやる気のある良型が差してきた様で 加藤さん、杉浦さんが大逆転につながる魚を連続キャッチ成功!

天候の変化をチャンスととれるか、雨に濡れる釣行を避けるか、 今回の大会競技は選手の柔軟さと集中力の差がはっきりと出ました!

穏やかな春陽気より荒れ天気を選んで釣行するのも良いかも知れません。 大半の選手が苦戦する中、後半の劇的な大逆転が印象的でした。 寒いと思っていたのは逆で水温度は16℃。小型のバスやブルーギルも動きだしましたね。

出かけよう!春フィールドへ!

当日の結果は以下の通り。 競技時間 7:00~12:00  天候 曇りのち雨 水温:16℃ 参加人数 36名 ウエイン 10名 検量魚 21尾

協賛:ルアーショップ おおの  

<名前>  ウエイト  時刻    <場所>     <ルアー>   

加藤裕貴  1390g   7:15    ヨット池    カットテール5"JHワッキー

奥本貴志   240g   7:20    ヨット池    レッグワームDS(パンプキンシード)

木村忠史   280g   7:30    牛池        バルナ110SP(サンセットタイガー)

奥本貴志   290g   7:30    ヨット池    レッグワームDS(パンプキンシード)

杉浦一幸   830g   7:40    牛池        シザーコーム2.5"DS(コーラ)

美澤 功   1070g   7:45    ヨット池    フリックシェイク3.8"DS

加藤幸二  1010g   8:03    ヨット池   スティールベイト4"スプリット(スカッパノン)

美澤 功    400g   9:15    ヨット池    フリックシェイク3.8"DS

大橋勇年   510g   9:25    牛池        マイクロクローラーDS(コーラ)

加藤幸二   900g   9:30    ヨット池   スティールベイト4"スプリット(スカッパノン)

奥本貴志   300g   9:30    ヨット池    レッグワームDS(パンプキンシード)

水野利哉  910g   9:45    前川池      センコー3"(グリパン)

大矢貴輝  1070g   9:50    牛池        ジャイロスターJH(テナガ)

大矢 透   760g  10:05    ヨット池    カットテール4"NS(グリパン)

大矢貴輝   740g  10:15    牛池        ジャイロスターJH(テナガ)

大矢貴輝   730g  10:25    牛池        ジャイロスターJH(テナガ)

杉浦一幸  1180g  10:35    ヨット池    マイクロクローラーDS(コーラ)

大矢 透   320g  11:15    ヨット池    マイクロクローラーDS(グリパン)

杉浦一幸  1120g  11:20    ヨット池    スキーターフィッシュDS(クリアー)

奥本貴志   250g  11:45    ヨット池    レッグワームDS(パンプキンシード)

大矢 透   220g  11:50    ヨット池    エコギアストレート3"DS(プロブルー)

<上位入賞者のタックル>

1位 杉浦一幸    3130g(830+1180+1120) ロッド:デストロイヤーF1-66ZKS リール:バンキッシュ2500HGSリミテッドエディション ライン:フロロ4LB ルアー:シザーコーム2.5"DS(コーラ)         マイクロクローラーDS(コーラ)         スキーターフィッシュDS(クリアー)

10350582

2位  大矢貴輝   2540g(1070+740+730) ロッド:G-LOOMIS リール:アルデバラン ライン:フロロ6LB ルアー:ジャイロスターJH(テナガ)

10050580

3位 加藤幸二   1910g(1010+900) ロッド:セントクロイ ES70MLF リール:ルビアス2004 ライン:フロロ 8LB ルアー:スティールベイト4"スプリット(スカッパノン)

300576

入賞者の大矢さんは冬から春にかけ、JHミドストで毎年好釣果を出されており、 3月、4月ともに上位入賞です!おめでとうございます! JHミドストの達人 大矢さんに シャローエリアのJHミドストのキモを参加者の皆さんにレクチャーいただきました。 実際にキャストからシェイクアクションの一連をフィールドで実演いただきました。 大矢さん、とても良い勉強でメンバーは良い刺激になりました。 ありがとうございました。

7150564_6

7200532

7300566

7450568

250575

9450578

9500577

11500590

0586

14300596

0485_3

0588

良いスキルアップミーティングになりました。

参加の皆さん、おつかれ様でした。

東海バスクラブ 平野 正  

2015年4月 4日 (土)

2015年 TBCスキルアップミーティング & 岸釣り大会オープン戦

2015年 TBCスキルアップミーティング & 岸釣り大会オープン戦 初春の大江川 & 周辺野池

3月29日 ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。 結果をレポートします。 岐阜県 大江川フィールドは3月の前半は暖かな日が続き45cm~50cmUPの良型キャッチが続きました。 3月後半は一時的に寒さが1週間戻り、活性が下がり、不調が続きました。 そして大会の3日前ごろから暖かさが戻ってきました。 釣果が期待されます!

受付、ミーティングを済ませ、選手は朝イチフィールドに向かいます! 朝イチは風も無く、穏やかでシャローのアシ原を狙う選手が目立ちます。

朝日が照り、暖かくなり始めた7:30に最初のバスがキャッチされました! 全体に浅く、温まりやすい前川池で加藤幸二さんが次々にキャッチしてゆきます!

3月前半に好調であったヨット池は休日になると50人近いアングラーがやってくる人気スポットで いっきにプレッシャーが高くなりました。 一時期のビックサイズの爆発力はなくなり、ライトリグ合戦のトーナメントフィールドと なっています。 サイズは下がったものの、豊田さん、大矢さんが1キロアップをキャッチ成功!!

大会時間の後半には雨が強くなり、選手にとっては厳しい気候条件になりました。 ラスト1時間になる頃、参加人数の大半が1つの野池(集合場所であるヨット池)に集中します。 残り15分前に大半の選手が片付け始めた頃にフィールドの静けさが戻り、鳥居さん、山本さんが 連続キャッチ成功!!

最後まで諦めなかった選手のルアーにバスが口を使ってきました! 印象に残るゲーム、名場面でした! 集合会場、ウエイイン会場がいっきに盛り上がりました。

春バスは朝イチ勝負ではなく、気温、水温の上昇と魚の活性アップ、 フィールドのアングラーの出入り順で釣果が分かれます! 簡単には釣れないゲーム性の高い大江川の特徴ですね。 釣り大会を通じ、良い答え合わせになりました。

現在の大江は釣り人を警戒し、ブレイクの沖側にポジションを置いていると思います。 釣果実績の高い場所ほどプレッシャーが高いです。 人気が無い所で、そろそろ始まっていないかなと人の少ないシャローエリアをまわると バスに出会えるチャンス。優勝者の加藤さんも過去の春実績と当日のアングラーの入り具合を 見ながら連続ヒットに出会えました。

出かけよう!春フィールドへ!

当日の結果は以下の通り。 競技時間 7:00~12:00  天候 曇りのち雨 水温:11.5℃ 参加人数 35名 ウエイン 5名 検量魚 5尾協賛:ルアーショップ おおの  

<名前>  ウエイト  時刻    <場所>     <ルアー>   

加藤幸二   900g   7:30    前川池     スティールベイト4"スプリット(スカッパノン)

豊田誠二  1060g   8:10    ヨット池    フリックシェイク4.8"DS(エビミソレッドフレーク)

加藤幸二   360g   8:40    前川池     スティールベイト4"スプリット(スカッパノン)

加藤幸二  1170g   9:15    前川池     スティールベイト4"スプリット(スカッパノン)

大矢貴輝  1150g  10:28    ヨット池    ハドルスイマー4"JH(イマカツハス)

鳥居真好   600g  11:45    ヨット池    スモラバ+スイングインパクト3"(グラスキャンディー)

山本明弘   870g  11:50    ヨット池    RING MAX4.2"ジカリグ(ライトグリーンパンプキン)

<上位入賞者のタックル>

1位 加藤幸二    2430(900+360+1170)g ロッド:セントクロイ70MSL リール:ルビアス2004 ライン:フロロ8LB ルアー:スティールベイト4"スプリット(スカッパノン)

7300486_1

       

2位  大矢貴輝   1150g ロッド:エアリアル リール:イージス ライン:フロロ5LB ルアー:ハドルスイマー4"JH(イマカツハス)

10280531_1

3位 豊田誠二    1060g ロッド:コルキッシュ リール:アルテグラ ライン:GTR 4LB ルアー:フリックシェイク4.8"DS(エビミソレッドフレーク)

8100494_2

11450532_1_2

11500533_1

 

参加者全員でのフィールドのゴミ拾い、ジャンケン大会で盛り上がりました。

良いスキルアップミーティングになりました。

参加の皆さん、おつかれ様でした。

東海バスクラブ 平野 正  

2014年11月16日 (日)

2014年 TBCスキルアップミーティング & バス釣り大会第7戦 晩秋の大江川 & 周辺野池

10月26日 ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。 結果をレポートします。

スキルアップ大会の本日の課題ワームはロッククロー3"です。 選手は1本ずつ手にして朝イチ狙いのフィールドへ出発してゆきます。 同じ大会時間に共通のルアーでバスを狙います。

早朝の気温は15℃、水温18℃でのスタート。 スタート時の天候は曇りで良い雰囲気でしたが反応が無く、 太陽の光が当たり始めた7:30ごろからバイトが出始めました。 ウエイインされた選手に状況を聞くと、水中のウイードを意識してスモラバのスイミングや ボリューム感がありバックスライドアクションが出せるファットイカが好調! 約1週間前から一時的な冷え込みが始まり、水面まで出ていたウイードが枯れ始め、柔らかくなってきていた。 水面まで出ていないウイードの方がハリがあり、ベイトフィッシュやバスが付きやすい。 好調だった東大江川は周りのエリアより水温が高く、目に見えない水底のウイードのツラをスモラバで スイミングで狙った鳥居真好選手が1530gのキッカーフィッシュを見事にキャッチ成功! 現在の大江フィールドでは岸釣りアングラーが多く、上流域のプレッシャーの少ないエリア選択も 正解でした! 先月の大会から好調であったヨット池はウイード際のラバージグ、パンチングのパターンが終わった様で、 それでも岸から2~3m沖まで伸びたウイードベットを超えてキャストし、ウイードエッジまでをどう攻めるかが キーになっていました。 数週前から通いこむメンバーの間ではファットイカが絶好調であった。 ウイードベットの沖に点在する生きたウイードにフォールさせたり、ウイードエッジ近くでのステイ&ズル引きにバイトが的中します! ラバージグやテキサスリグでは枯れ始めた柔らかなウイードが攻めつらく、NSリグで遠投が効きボリュームがあり 存在感のあるファットイカが良く、ブルーギルが少なくなってメインベイトがテナガエビになってきている様だ。

晴天での日中の最高気温は24℃。半そでで居られる気候です。 岸釣りエリアから見えバスは発見できず、ワームを小さくしても小バスやブルーギルのバイトが激減し、 水深のある沖側へ遠投してもバイトが無く、魚を見失います。

一時的に水温が下がったものの、シャローのウイード際にバスはまだ居る。 日中の暖かさからすると夏場の水路パターンも生きてくる。

秋後半になっても暖かな気候が続いています。 水温、季節感は10月前半の雰囲気です。まだまだイケますよ! フィールドへ出かけ、晩秋の釣りを楽しみましょう!

当日の結果は以下の通り。 競技時間 7:00~12:00  天候 曇りのち晴れ 参加人数 27名 ウエイン 12名 検量魚 16尾 協賛:ルアーショップ おおの

(課題ワーム:ロッククローでのキャッチは該当者1名)

<名前>  ウエイト  時刻    <場所>     <ルアー>   

加藤幸二   390g   7:35    大江川万寿  センコー3"スプリット(グリパン)

大矢 透   340g   7:40    ヨット池   マイクロクローラーDS(グリパン)

山田祥輝   480g   8:25    東大江川    スモラバ+ジャバスティック(グリパン)

平野 正  1310g   8:35    ヨット池   センコー3"NS(グリパン)

森下大也   510g   8:40    ヨット池    コブラテールNS(ブルーギル)

鳥居真好  1530g   8:40    東大江川    スモラバ+セクシーアンクル4"(イマエグリーンパンプキン)

加藤久晴   210g   8:50    牛池        ケイテックライブインパクトDS(シナモングリーンラメ)

鳥居真好   930g   8:50    東大江川    スモラバ+スイングアンパクト3"(グラスキャンディー)

宮崎隆弘   250g   9:00    ヨット池    スモラバ+ドライブシュリンプ3"(グリパン)

加藤幸二   340g  10:50    大江川万寿  センコー3"スプリット(グリパン)

中村友亮   490g  10:50    ヨット池    サタンワーム3"DS(Wメロン)

水野和利   230g  10:55    大江川万寿  バレット2.5"NS(Wメロン)

山下 純   960g  10:55    ヨット池    ファットイカNS(グリパン)

宮崎隆弘   320g  11:00    ヨット池    スモラバ+ドライブシュリンプ3"(グリパン)

菱田正勝   230g  11:15    牛池        スモラバ+ロッククロー(チャコギ) 大矢 透   670g  11:38    ヨット池    ファットイカNS(コーク)

<上位入賞者のタックル>

1位 鳥居真好    2460g(1530+930) ロッド:デストロイヤーF4-61X リール:ツインパワー 2500 ライン:フロロ5LB ルアー:スモラバ+セクシーアンクル4"(イマエグリーンパンプキン)         スモラバ+スイングアンパクト3"(グラスキャンディー)

8500482

2位  大矢 透   1010g(340+670) ロッド:フェンウィックGWT-64LP+ リール:ダイワSSエアー ライン:フロロ8LB ルアー:マイクロクローラーDS(グリパン)

7400485

ロッド:フェンウィックTAV-63MH リール:メタニウム ライン:フロロ12LB ルアー:ファットイカNS(コーク)

3位 山下 純   960g ロッド:インスピラーレ スティングレイ スーパーシェイク リール:メタニウムMg7 ライン:ハイグレード10LB ルアー:ベビーファットイカNS(グリパン)

10550486

参考記録 平野 正  1310g ロッド:アリベール72 リール:ツインパワー2500Mg ライン:シーガー フロロ1号 ルアー:センコー3"NS(グリパン)

8350459

7350461_1

8250481

 

8400460

8500472_1

9000476

10500490

10500487

11150491

 

参加者全員でのフィールドのゴミ拾い、ジャンケン大会で盛り上がりました。

良いスキルアップミーティングになりました。

参加の皆さん、おつかれ様でした。

東海バスクラブ 平野 正  

2014年9月28日 (日)

2014年 TBCスキルアップミーティング & バス釣り大会第6戦

秋の大江川 & 周辺野池

9月28日 ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。 結果をレポートします。

スキルアップ大会の本日の課題ワームはティムコ イングリー(クリアーコパーラメ)です。 選手は1本ずつ手にして朝イチ狙いのフィールドへ出発してゆきます。 同じ大会時間に共通のルアーでバスを狙います。

早朝の気温は17℃、水温22℃でのスタート。 前夜までの冷え込みは弱く感じられるが、夏の暑さから急激に秋めいた感があり、 アングラーにも魚にも体感温度の差が大きく感じられる。

水草の多い野池は水質の状態が良く、大江川本流は全体に濁りが増えてきていた。

フィールドに到着し、開始早々ウエイインコールです! 朝の陽ざしにより影ができているヨット池の東岸からの釣果が続きます! 水通しの良い水路周辺からも連続キャッチが続きます! センコーNSリグ、ラバージグでの釣果が好調です!

7時代のラッシュタイムを過ぎると、日曜日の難しい大江フィールドの時間帯に突入します。 魚は居るが口を使わない。バスが沖なのか、浮きぎみなのか、回遊を待つべきなのか、 選手はルアーローテーションしながらエリア移動を繰り返し、その日のパターンを探します。 先月、先週のプラクティスで手堅く獲れていたエリアも今日は不調の様です。

陽ざしが強くなった時間帯は大江川本流の水面を漂うリリーパットの下を狙った選手に釣果が出始めました。 表層にはリリーパット、水底にはブレイク+ウイードが生えるエリアから25~35cmの単発の釣果が目立ちます。

更に陽ざしが強くなり、体感温度は30℃近くなりました。 夏の様な暑さになると例年ならば中江川の夏パターンが日中に爆発するのだが、 この日は全く釣果がありません。

不調を知った選手は大規模野池のヨット池にラスト勝負に出ました! 現在のヨット池は背の高いアシ原に囲まれ、岸際の約2mは濃いウイードベット+ヒシが有り キャストできる範囲も限られ、ライトタックルでは狙いにくい状態でした。

少しウエーディングするとロッドを振るバックスペースが広がります。 急きょウエーディングを思い付きベイトフィネスで挑んだ杉浦一幸さんがスモラバで見事に 1290g、890gをキャッチ成功!

過去の大会でもこの時期に濃いウイードの中へテキサスリグを入れ、連続キャッチした実績があり、 岸釣りアングラーから狙われにくい濃く生きたウイードの影にはブルーギルが集まり、良型のバスも集まります! タフな状況にのまれず、積極的にウイードエリアを攻めた選手のキッカーフィッシュが印象的でした!

ウイード攻略の釣りは、あと半月ほど楽しめそうです。ラバージグ、テキサスリグ、ジカリグ。 秋のビックバスを狙いにフィールドへでかけましょう!

(課題ワーム:イングリーでのキャッチは該当者1名)

当日の結果は以下の通り。 競技時間 7:00~12:00  天候 曇りのち晴れ 参加人数 25名 ウエイン 13名 検量魚 23尾 協賛:ルアーショップ おおの

<名前>  ウエイト  時刻    <場所>     <ルアー>

山下 純   590g   7:05    ヨット池    センコー3"NS(グリパン)

美澤 功   620g   7:10    ヨット池   ラバージグ+ブラッシュホグ(スカッパノン)

山下 純   560g   7:15    ヨット池    センコー3"NS(グリパン)

吉原宏明   670g   7:15    大江川万寿  ドライブシュリンプ3"DS(ブルーバックシナモン)

菱田正勝   210g   7:20    牛池        スモラバ+イングリー(クリアーコパーラメ)

加藤久晴   420g   7:25    ヨット池    コブラテール ネコリグ(グリパン)

伊東憲司   220g   7:30    ヨット池    カットテール5"ネコリグ(レッド)

菱田正勝   320g   7:40    牛池        スモラバ+イングリー(クリアーコパーラメ)

加藤幸二   240g   8:00    大江川万寿  センコー3"スプリット(グリパン)

田中雅也   380g   8:00    東大江川    ドライブスティック4.5"(ブラックパープル)

加藤幸二   240g   8:30    大江川万寿  センコー3"スプリット(グリパン)

伊東憲司   210g   8:30    ヨット池    カットテール5"ネコリグ(レッド)

水野和利   450g   8:35    大江川万寿  バレット2.5"NS(Wメロン)

美澤 功   290g   9:00    大江川深浜  スイングインパクト3.5"DS(アユメロン)

脇田信幸   390g   9:00    大江川石亀  レインズスワンプDS(グリパン)

杉浦一幸   300g   9:10    ヨット池    シザーコーム2.5"DS(スカッパノン)

田中雅也   280g  10:30    東大江川    ドライブスティック4.5"(ブラックパープル)

杉浦一幸  1290g  10:45    ヨット池    フジラバ2.3+セクシーインパクト(スカッパノン)

田中雅也   310g  10:50    東大江川    ドライブスティック4.5"(ブラックパープル)

大矢 透   210g  11:00    ヨット池     ベビーファットイカNS(コーク)

加藤幸二   210g  11:25    牛池        センコー3"スプリット(グリパン)

鳥居真好   190g  11:40    ヨット池    スモラバ+スイングインパクト3"(グラスキャンディー)

杉浦一幸   890g  11:50    ヨット池    フジラバ2.3+カットテール(コーク)     

<上位入賞者のタックル>

1位 杉浦一幸 ロッド:デストロイヤーF1-66ZKS リール:コンプレックスF4 2500HGS ライン:4LB ルアー:シザーコーム2.5"DS(スカッパノン)

ロッド:デストロイヤーF2-63X7 リール:SSAIR ライン:8LB ルアー:フジラバ2.3+セクシーインパクト(スカッパノン)         フジラバ2.3+カットテール(コーク)

10450494

2位  山下 純 ロッド:テムジン ブラッシュスティンガー リール:ツインパワーMg ライン:PE0.6号+フロロリーダー10LB ルアー:センコー3"NS(グリパン)

7150424

3位 田中雅也 ロッド:アブガルシア ホーネットスティンガーML リール:アブガルシア レボSX ライン:R18 フロロ14LB ルアー:ドライブスティック4.5"(ブラックパープル)

10500492

7100454

72504277300483

 

  

11000496

11400499

 7400453

9000472

83004618350458

参加者全員でのフィールドのゴミ拾い、ジャンケン大会で盛り上がりました。

秋になって魚が散り、皆さん苦戦していました。 前週、前日にプラクティスをして参戦された方、月1回の大会時のみ釣行された方、 予想外の結果になり、全員で過ごした秋フィールドでの良い答え合わせ、釣り経験になりましたね。

良いスキルアップミーティングになりました。

参加の皆さん、おつかれ様でした。

東海バスクラブ 平野 正  

2014年9月 6日 (土)

2014年 TBCスキルアップミーティング & バス釣り大会第5戦 夏シーズン最終の大江川 & 野池

8月31日 ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。 結果をレポートします。

スキルアップ大会の本日の課題ワームはゲーリー4"グラブです。 選手は1本ずつ手にして朝イチ狙いのフィールドへ出発してゆきます。 同じ大会時間に共通のルアーでバスを狙います。

フィールドに到着し、開始早々ウエイインコールです! 中江川上流では小型のストレートワームでキャッチが目立ちます!

続いて6時代は牛池でのラッシュタイムに突入! やや沖めのブレイクをストレートワームのネコリグでキャッチする選手が良型をそろえています。 7時~8時~9時の時間帯も牛池、ヨット池、大江川各所で釣れ続けています!

このところ、岐阜県海津は適度に雷雨があり水量が増えた。暑さもゆるみ、水温が25℃前後で落ち着いた。 水の中は秋めいた様で、岸際狙いの夏パターンが出にくくなり、 沖めのブライク、ウイード際へと良型のバスがポジションを変えた様で、水路やシェード狙いの選手にはバイトが少なく、 沖めのブレイクをじっくり狙う選手は同じエリアから連続して良型をキャッチしている。

9時~10時の時間帯は夏の暑さが戻り、流入水路が多い中江川での釣果がいっきにやってきました! 中江川沿いの桜並木にはセミの泣く姿がなくなり、稲刈りが近つくにつれ、水路周辺にベイト、蛙を捕食するバスが増えてきます。

沖のブレイク、縦ストラクチャーに付く魚のキャッチが多く見られました。 秋パターンを早く察知した選手と後半の暑い時間帯に夏のエリアをランガンし、良型をキャッチする選手が印象的でした。 (本日の課題ワームでのキャッチ成功者は2名。)

心地良い秋がやってきました。早朝の釣り、日中の釣り、 秋のビックバスを狙いにフィールドへでかけましょう!

当日の結果は以下の通り。 競技時間 5:30~10:30  天候 曇りのち晴れ 参加人数 32名 ウエイン 18名 検量魚 33尾 協賛:ルアーショップ おおの

<名前>  ウエイト  時刻    <場所>     <ルアー>

 加藤久晴   190g   5:40    中江川      ドライブクローラー3.5"NS(ライトグリパンブルーペッパー)

奥本貴志   360g   5:48    中江川      マイクロクローラーDS(コーラ)

西尾昭徳   430g   6:00    中江川      ドライブスティック3.5"NS(スカッパノンブルーフレーク)

大矢 透   280g   6:15    ヨット池    マイクロクローラーDS(チョコレートパープル)

木村忠史   210g   6:20    牛池        ドライブクローラー4.5"ネコリグ(ブラックレッドフレーク)

鳥居真好   260g   6:30    牛池        スモラバ+スイングインパクト(グラスキャンディー)

美澤 功   380g   6:30    大江川深浜  カットテール4"JH(Wメロン)

近藤尚久   600g   6:52    牛池        ラバージグ+ゲーリー4"グラブ(スモーク黒ラメ)

築山晃幸   270g   6:55    牛池        フリックシェイク3.8"NS(コーラ)

木村忠史   970g   6:58    牛池        ドライブクローラー4.5"ネコリグ(ワカサギ)

上村和昭   380g   7:00    牛池        カットテール5.3/4"NS (グリパン)

木村忠史   200g   7:05    牛池        ドライブクローラー4.5"ネコリグ(ワカサギ)

伊東憲司   240g   7:20    ヨット池    カットテール5"ネコリグ(シナモン)

安田正次  1190g   7:30    牛池        バークレーチガークロウ ジカリグ(ブラックレッドフレーク)

菱田正勝   990g   7:30    東大江川    ラバージグ+ゲーリー4"グラブ(スモークパープルラメ)  

山下 純  1230g   7:45    ヨット池    スワンプマグナム ジカリグ(スカッパノン)

杉浦一幸   230g   8:05    ヨット池    マイクロクローラーDS(コーラ)

築山晃幸   240g   8:10    ヨット池    DSTYLE D1 2.2"ネコリグ(クリアーコパーラメ)

西尾昭徳   180g   8:30    牛池        マイクロクローラーDS(コーラ)

近藤尚久   320g   8:35    牛池        カットテール4"NS(グリパン)

鳥居真好   700g   8:50    東大江川    センコー3"NS(Wメロン)

加藤幸二   350g   9:00    中江川      マイクロクローラーDS(コーラ)

徳永 修    370g   9:20    中江川      イモグラブ4"NS(スモークパープルラメ)

奥本貴志  1150g   9:30    中江川      フィネスフロッグ(赤蛙) 美澤 功   220g   9:30    ヨット池    シャッドシェイプJH(コーラ)

西尾昭徳   470g   9:33    中江川      ドライブスティック3.5"NS(スカッパノンブルーフレーク)

加藤久晴   640g   9:40    中江川       ドライブクローラー3.5"NSワッキー(ライトグリパンブルーペッパー)

奥本貴志   400g   9:40    中江川       スワンプTX(スカッパノン) 

脇田信幸   360g   9:40    大江川万寿   ケムケムスモラバ+サタンワーム(Wメロン)  

木村忠史   490g   9:40    牛池         ドライブクローTX(カワエビ)

杉浦一幸   170g   9:55    ヨット池     マイクロクローラーDS(グリパン)

杉浦一幸   410g  10:05    ヨット池     マイクロクローラーDS(コーラ)

大矢 透   190g  10:15    ヨット池     ノイケ スマイルワームDS     

<上位入賞者のタックル>

1位 奥本貴志 ロッド:クォッドライト リール:アルデバランBFS ライン:フロロ 7LB ルアー:マイクロクローラーDS(コーラ)

ロッド:コブラ リール:メタニウムMg ライン:ナイロン14LB ルアー:フィネスフロッグ(赤蛙)

ロッド:インパラ リール:アルデバランMg7 ライン:フロロ7LB ルアー:スワンプTX(スカッパノン)

9400475_1

2位  木村忠史 ロッド:ポイズンアドレナ166L リール:アルデバランBFS ライン:シーガーR18 8LB ルアー:ドライブクローラー4.5#ネコリグ(ブラックレッドフレーク)

ロッド:ポイズングロリアス166M リール:メタニウムXG ライン:GTR 16LB ルアー:ドライブスティックTX(カワエビ)

9400483

3位  山下 純 ロッド:インスピラーレ ブラックレイブン リール:メタニウムMg7 ライン:ハイグレード12LB ルアー:スワンプマグナム1/2直リグ(スカッパノン)

7450424_1

参加者全員でのフィールドのゴミ拾い、ジャンケン大会で盛り上がりました。

子供が中学生、社会人になられ、親子での大会参加が2組。夫婦での参加が1組おられました。 ルアー釣り、バス釣りを勝負しながら楽しまれているところを見せていただきました。 自然の中での遊びで釣りのルールや楽しみ方を学んでおられる様です。 良いスキルアップミーティングになりました。

5400399

6150426_1

6200403

6300418 

6520407_1

6550410_1_2

7000427_1

7200423_1

7300422_1

7300453

8050428_1

8300455

8500458

9000461

9200459

9400480

 

参加の皆さん、おつかれ様でした。

東海バスクラブ 平野 正  

フォトアルバム

ウェブページ