Powered by Six Apart

フォトアルバム

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月18日 (火)

2013.06.16 薩摩湖プチ大会

2013.06.16 薩摩湖プチ大会に参戦してきました。

 前日はワクワクして寝れないのは、いい歳になった今でも同じ・・・。

さて、3番フライトで先行メンバーの行先を確認しつつ石橋ワンド方向へ

前回、絶好調のツルギから始めるが、なんだか反応が悪い・・・。

フランギ+JH6inストレートをワームを幾つか変えて探ると反応はあるも・・・

スカイマスターに付いていたJHワッキーを外し、ここ一番シンセンコーをセットしてフォール

して糸ふけを多めに出して着底させて放置すると、かすかにラインに反応糸ふけをとって

スィーブにフックアップ! この繰り返して8:00前にはリミット達成!

左ワンドや竹杭などで何度が入れ替えを繰り返すもメンバーの様子から安心できない・・・。

 

 どうもエアーポンプの様子がおかしい稼働はしてるけど、ライブウェルを開けてみるとバス

の元気がない、ここからはバスのケァに必死、水を入れ替え、エラからエアービタミンを噴射

空気の出る石を追加・・・など必死でした。

 

 11:40 サクマジグ+ジャスターホグで反応あるも違和感を感じでゲーリーベビークローに

トレーラーを変更すると一発でヒッ----ト! これは太いビックフィシュはとったかと内心感じた

ほどで少し震えました。

結果はというと2位に20g差で3位入賞。そして気になるビッグフィシュは、1560gながら

これまた20g差で逃しました。 やっぱり小さいながらトーナメント楽しい!

Dsc_0133

2013年6月11日 (火)

2013年 TBCスキルアップミーティング & バス釣り大会 第3戦

6月9日 ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。結果をレポートします。
東海地方は梅雨入りし、水田からのフレッシュな水の供給も多く、
ベイトフィッシュ、植物も潤い、絶好のバス日和でのスタートです。
朝イチの開始から野池、本流よりアベレージサイズの500g前後のキャッチが続きます。
日曜日の大江フィールドで実績のあるストレート系のスモールワームをDSリグ、ネコリグ等で
丁寧に流すのが効果的です!
陽が高くなり9時~10時代になると水温上昇とともにフィールドに変化が出ます。
ベイトフィッシュはシェード、インレットへと移動し、ベイトフィッシュを追う大型の
バスも捕食する行動に移ってきます。
陽当たり、シェード、水の流入、身を寄せるストラクチャーの条件がキーになります。
本流の上流部を目指し移動した選手に好釣果が出てきました!
東大江川の水門周辺から鳥居真好さんが950gの良型をキャッチ!
終了1時間前の最後のチャンスに駆けた菱田正勝さんは西大江川の最上流部で1キロアップを2尾連続キャッチに成功!!
この日の決定的なウイニングメソッドを優勝者の菱田さんから公開、レクチャーいただきました。
西大江川の上流部は民家が少なく、水田の面積が広い。その水田から供給される水量から、
西大江川の水温は11度。この時期にしては冷たい。
最上流部では低水温だが、下流に向って下ることで適水温のエリアがある。
当然、ベイトフィッシュや活性高い回復型のバスも集まるはず。
そこへ投入するのは大き目のシルエットのデスアダー5"NSリグ。
公開されたウイニングメソッドはデスアダー5"のNSリグをスイムベイトの様に水面直下引きし、大型バスのみに絞って狙う釣法であった!

スキルアップミーティングに参加のメンバーは、この日の答え合わせとともに良い刺激になりましたね。

フィールドへ出かけ、もっとルアー釣りを楽しみましょう!!

当日の結果は以下の通り。
競技時間 7:00~12:00  天候 晴
参加人数 25名 ウエイン 13名 検量魚 16尾
協賛:ルアーショップ おおの

<名前>  ウエイト  時刻    <場所>    <ルアー>   
大橋勇年   510g   7:10    ヨット池   フリックシェイク3.8"JHワッキー (エビミソレッドフレーク)
大矢 透   550g   7:10    大江川万寿 マイクロクロラーネコリグ(コーラ)
大矢 透   340g   7:18    大江川万寿 マイクロクロラーネコリグ(コーラ)
大橋勇年   310g   9:00    牛池        ノイケ スマイルワームNS(モエビ)
渡邊高康   360g   9:15    ヨット池   サタンワーム3"DS(ブルーギル)
高野将輝  1500g   9:30    ヨット池   ハドルスイマー3"NS 
宮崎隆弘   880g  9:40    中江川     スモラバ+パインシュリンプ(エビミソレッドフレーク)
鳥居真好   950g  10:00    東大江川   センコー4"NS(Wメロン)
原 紳祐    540g  10:15    牛池       ナパームNS(チャート)
山下  純   310g  10:30    牛池       マイクロクローラーDS(コーラ)
徳永  修   910g  10:30    牛池       マイクロクローラーDS(コーラ)
菱田正勝  1120g  11:00    西大江川  デスアダー5"NS(ブラック)
美澤 功    240g  11:10    ヨット池   ブラッシュホグ3"TX(Wメロン)
菱田正勝  1310g  11:10    西大江川  デスアダー5"NS(ブラック)   
加藤久晴   440g  11:50    ヨット池   ドライブクローラーNS
山田哲也   180g  11:55    ヨット池   センコ3"NS(レッド)

<上位入賞者のタックル>

11100292
1位 菱田正勝
ロッド:テムジンガゼル
リール:TD-Z
ライン:おおの フロロ2号
ルアー:デスアダー5"NS(ブラック)

1000283
2位 鳥居真好
ロッド:F4-61XS
リール:ツインパワー2500
ライン:フロロ 5LB
ルアー:センコー4"NS(Wメロン)

10300290
3位 徳永 修
ロッド:テクナGP65CLJ
リール:アルデバランBFS
ライン:フロロ6LB
ルアー:マイクロクローラーDS(コーラ)2.7g

7100256 7100259 9150270


9300272 9400278 10150279

10300284 11100285 11500294


11550295 0297_2


0299_2

参加者全員でのフィールドのゴミ拾いに協力いただき、ありがとうございました。
皆さん、お疲れ様でした。
優勝者の菱田さんのウイニングメソッドをレクチャーいただきました。
大変良いスキルアップミーティングになりました。
ありがとうございました。

東海バスクラブ 平野 正   

2013年 TBCスキルアップミーティング & バス釣り大会 第2戦

5月26日 ヨット池(こぎろ池)を拠点に大江川&中江川&周辺野池にてスキルアップ大会を開催しました。結果をレポートします。
約1週間前から東海地方は最高気温が27度を超える夏の日差しが続いていました。
大会のメイン会場のヨット池では池全体が富栄養化が高いせいか、早くも池全体にアオコが増殖しており、見た目は薄っすら緑色をしており、風によりアオコがかたまるエリアが出来ます。
水面下では水草の成長もありバスの活性には影響が少ない様だ。それに比べ大江川本流は生き生きとしたウイードとクリアーウォーターが広がる中流域と、田植え後の濁りが入った上流域に分かれた。
競技開始から各所でバスのキャッチが続きます!
サイズは小ぶりだが野池でのキャッチが圧倒的に多い!
中小型のバスが元気に口を使ってきます!
岸からキャストするエリアでは緑色の糸藻が引っかかってきます。この糸藻をかわすためにNSリグやネコリグ、DSリグが良い様です。一時的に風が無くなった8時代を除き、競技時間中はウエイインコールが止む事はありません!小型ながら好調が続きます!
陽差しが強くなった時間にシェードへ大型狙いにシフトした川瀬暁之さんがジャッカルマイキー140で本日最大魚となる51cm1870gをキャッチ成功!!
アフターから回復に向かう初夏を感じさせる釣果が各所で見られます。
今シーズンのヨット池、牛池ではアオコ発生から約2週間が経過します。
アオコが出た事でアングラーが少し減り、アオコ分散と植物活性化のおかげか、バスへのプレッシャーが減った様に思います。高い気温の日が続くと魚も人間も慣れるまで体調コントロール、食欲も落ちる気がします。
暑さに慣れてきたのか、バスの活性が後半になって更に良くなってきました。
成長する水面下の水草が光を浴び、温度上昇とともに酸素を出し、良い隠れ家を提供してくれている様です!
アフター期もそろそろ終盤です。体力回復の元気なバスが盛んにルアーを追う季節がやってきました!
フィールドへ出かけ、ルアー釣りを楽しみましょう!!

当日の結果は以下の通り。
競技時間 7:00~12:00  天候 晴
参加人数 27名 ウエイン 18名 検量魚 25尾
協賛:ルアーショップ おおの

<名前>  ウエイト  時刻    <場所>    <ルアー>   
梅村亮太   290g   7:15    ヨット池   カットテール4"ネコリグ (Wメロン)
大矢 透   400g   7:20    大江川万寿 マイクロクロラーDS(コーラ)
伊東憲司   250g   7:30    ヨット池    バイブレーション(黒金)
鳥居真好   740g   7:30    牛池        フリックシェイク4.8"ネコリグ(パンプキン)
奥本貴志   900g   7:35    牛池       アベラバ+パルスワーム(グリパン) 
山下  純   600g   7:35    ヨット池   マイクロクローラーDS(コーラ)
吉原宏明   970g   7:40    ヨット池   3"センコーNS(赤)
大橋勇年   200g   7:50    ヨット池   マイクロクローラーDS(コーラ)
梅村亮太   210g   8:40    ヨット池   カットテール4"ネコリグ (Wメロン)
大津乗彦   570g   9:05    大江川合流 レインGサターンDS(グリパン)
川瀬暁之  1870g   9:10    ヨット池   マイキー140(グリッターハス)
伊東憲司   240g   9:10    ヨット池   カットテール5"ネコリグ (シナモン)
伊東憲司   880g   9:15    ヨット池   カットテール5"ネコリグ (シナモン)
近藤壮史   180g   9:20    ヨット池   スリムセンコー4"ネコリグ (赤)
水谷悠雅   290g   9:20    ヨット池   カットテール4"ネコリグ (Wメロン)
大橋勇年   190g   9:20    ヨット池   マイクロクローラーDS(コーラ)
杉浦一幸   390g   9:40    牛池       スモラバ+キックトリック(スカッパノン)
平野 正   380g   9:50    中江川     2"センコーNS(Wメロン)   
川瀬暁之  1380g  10:15    牛池       ウエーバーシュリンプ2.8" 1.5gJH(ザリガニ)
大橋勇年   320g  10:25    牛池       ZBC スワンプネコリグ(ブルーギル)
山下  純   590g  10:40    牛池       マイクロクローラーDS(コーラ)
原 紳祐   1130g  10:45    牛池       スコーピオングラブNS(パールホワイト)
西尾昭徳   180g  11:00    牛池       マイクロクローラーDS(コーラ)
山田哲也   240g  11:20    牛池       マイクロクローラーDS(シナモンフレーク)
徳永 修   810g  11:30    ヨット池   ラバージグ+クローワーム(パンプキン)

<上位入賞者のタックル>

10150304
1位 川瀬暁之
ロッド:グラファイトリーダーヌーボスコ70H
リール:スコーピオンXT1500
ライン:シーガーR18 14LB
ルアー:マイキー140 (グリッターハス)

ロッド:トリックスター65ML
リール:メタニウムMg7 ZPIチューン
ライン:バウオ ポシアミドプラス 8LB
ルアー:ウエーバーシュリンプ2.8" 1.5gJH(ザリガニ)

9150301
2位 伊東憲司
ロッド:バトラーハリアー21
リール:アンタレス
ライン:XTEX 12LB
ルアー:バイブレーション "カリブラ"(黒金)

ロッド:Gルーミス GLX SJR721
リール:バイオマスター2500
ライン:XTEX 6LB
ルアー:カットテール5"ネコリグ (シナモン)

7350279
3位 山下 純
ロッド:テムジンオットツイスター
リール:アブMGX
ライン:ハイグレード8LB
ルアー:マイクロクローラーDS(コーラ)2.7g

ロッド:カレイドマッハS-1
リール:ステラ2000HGS
ライン:バウオスーパーフィネス3.5LB
ルアー:マイクロクローラーDS(コーラ)0.9g

7150278 7250274 7300313

7350312 7400283 7500284


950292 9200295 9200298


9400307 9500302 10450303


11000310 11200317 11300320

0321 130526_144619 130526_144508


0311 0308 0299

0314


0325_2

参加者全員でのフィールドのゴミ拾いに協力いただき、ありがとうございました。
皆さん、お疲れ様でした。
優勝者の川瀬さんのマイキー動かし方レクチャーとジャンケン大会も大盛況でした!

東海バスクラブ 平野 正   

フォトアルバム

ウェブページ